パ書テル作家砂野みどりさんインタビュー❗️

パ書テル作家砂野みどりさんインタビュー❗️

ノリノリチャリティーフェス!いよいよ明日9月18日開幕㊗️

パ書テル作家砂野みどりさんにインタビューしました。

💛ありがとう曼荼羅との出会いやエピソード
最初に作品に出会った時「すごい!」と思いましたが、描くなんて絶対に無理!コツコツ苦手!できない!が出会いでした(笑) ですが、何故か何回も何回も『ありがとう曼荼羅』と出会い、ふと、これは今の私にはコツコツと伝えることが必要なことなのかもしれないと私の中の私の声にたどりつき、講座を受講し、あれよあれよと認定講師まで受講していました。(笑)全ては『表裏一体』嫌い嫌いは思い方を変えると大好きなんだ!と思えた瞬間でした。

💛ありがとう曼荼羅を描いてる時は、どんな気持ちですか?
いつまで描き続けるんだろう!終わるのかなぁ!出足はいつもこんな感じですが、『ありがとう』『出会ってくれてありがとう』『うまれてきてくれてありがとう』と描き続けていると本当に毎回涙が出そうになります。あなたもあなたもあなたもみんなありがとうって、不安な気持ちもイライラもいつのまにか優しく包み込んでくれます。そのままでいいよって。そしていつのまにか無になり、ただただコツコツと描く、集中して描く、そのうち自分にありがとうが還って来て、あぁ愛されてるんだと自分自身が愛おしく一番癒されます。 出来事も物も人もすべてが愛おしくなります。描けば描くほど 、ストレスや不安があってもいい、全て私、私の全てを認めることができるんです。

💛絵を観てくださる方へ
この状況下に観ていただけること深く深く感謝いたします。この作品を良し悪しより、ただ観ていただけることを嬉しく思います。この作品から、ほんの少しでも優しさと癒しとぷぷっと笑いを受け取ってもらえたら幸いです。 感謝。

💛井原展への想い
人と人の繋がりで開催できることに感謝いたします。井原に知り合いがいない中、個展をすることは不安と喜びが交互に押し寄せてきます。しかし、辿り着くのはやはり、個展の先にある笑顔が見えるから。優しい笑顔が見えるから。何にもお役には立てないかもしれないですが、井原の人たちの優しい笑顔が見たいから!いっぱいの笑顔が私は見たいからやるのです。どうぞこの状況下ではありますが、皆様が元気で笑顔溢れることを願ってます。『ありがとう』とともに

◆企画にあたって
イベントの開催が難しい中、できることを考えていたところ、お友達のご縁で、砂野みどりさんを紹介していただき、絵を見せていただき、とても感動し、これは井原の皆さんに観てもらいたい、心豊かな感動を共有したいと思い、個展をお願いしました。
砂野みどりさんは、好きなことをずっと続けてこられ、ありがとう曼荼羅と出会い、感謝とともに自分の才能を発揮されているその素晴らしい生き方に、刺激を受けます。私も感謝の気持ちを忘れずに、自分に与えられた使命を、楽しみながら、一日一日大切に生きていこうと思います。
ありがとう曼荼羅の他にも夢や遊び心が感じられる絵も展示されています。心が癒され、優しい気持ちになります。
ぜひ気軽にご覧になりにお越しください。 三村典子

報告する

同じカテゴリーをチェック!

PAGE TOP