商店街にホテルがオープンしました!

商店街にホテルがオープンしました!

井原デニムストリートのシンボルとなる「IBARA DENIM HOTELS 舞鶴楼(まいづるろう)」がオープンしました。マネージャーの長尾さんにお話を伺ったので、一緒に概要をチェックしましょう!

旧料亭旅館が新しい歴史を刻みます

まずは建物の造りから見ていきましょう。「IBARA DENIM HOTELS 舞鶴楼」は、かの犬養毅29代内閣総理大臣も宿泊されたという歴史的料亭旅館「山岡舞鶴楼」を改装して建てられました。写真右手のホテルと左手のオーベルジュ(宿泊設備付きレストラン)が渡り廊下で繋がった形となっています。

ホテルは全9室。シングル、ダブルなど人数や用途に合わせた利用が可能です。内装には井原の特産品であるデニムが生かされているほか、各部屋は井上陽水氏の曲がテーマになっており、デニムが日本に根付いていったこの50年に想いを馳せながら過ごせるようになっています。

オーベルジュは1階が40人収容のレストランで、2階がカフェ&バーとなっています。レストランでは和洋のコース料理が楽しめます。

地元の方も気軽に利用可能

続いてサービスについて

    ・食事
  • ランチ : 11:00〜14:00 2,500円から(ラストオーダー13:30)
  • ディナー : 17:30〜21:00 4,000円から(ラストオーダー20:30)
  • カフェ : 13:00〜17:00
  • バー : 20:00〜23:30(ラストオーダー23:00)
    ・宿泊(朝食付き)
  • 一人利用 : 8,500円から
  • 二人利用 : 一人当たり5,000円から
  • (価格は全て税別)

となっています。メニューや料金は日によって変わるため、詳しくは利用時にお問い合わせください。
(TEL:0866-84-1026)

カフェ・バー以外は予約が基本となっていますが、15:00〜17:00の間であれば施設見学にも対応いただけるとのことです。ホテルや商店街の雰囲気を感じてみてくださいね。

報告する